コンタクトレンズ通販レンズマルシェ
HOME > FAQs > コンタクトレンズ通販での質問 > データ > 乱視用使い捨てコンタクトのSPHとCYLとAXとは何ですか?

乱視用使い捨てコンタクトのSPHとCYLとAXとは何ですか?

乱視用の使い捨てコンタクトのデータはSPHとCYLとAXという数値が記載されてありますね。
これらは順に
SPH(球面度数)・・・近視や遠視の度数です。通常の使い捨てコンタクトではPWRのことです、
CYL(円柱度数)・・・乱視の度数です。
AX(軸度)・・・・・・乱視のレンズの軸の向きです。AXでなくAXISと書かれていることもあります。
のことです。
乱視用使い捨てコンタクトが普通の使い捨てコンタクトと違うところはCYLとAXがあることです。
通常CYLの度数は-0.75~-2.75くらいで残念ながらそれ以上強いCYLの度数は作っていません。
AXは180°が多く、同じ方向の170°や10°であることもあります。90°の方もたまにいますね。